三保ミッドウィンター2018レースレポート

富士山をバックに2004年から始まった本大会も今年で15年目を迎えました。

15年も続いているのは、全国各地が凍える1月に、ぽかぽか陽気で海水温度も高く、更に世界遺産の富士の霊峰を眺めながらレースを楽しめるアットホームな大会だからでしょう。

東海大学海洋水族館の大水槽今年も峰に雪を着飾った霊峰富士はクリアに見えましたし、東海大学海洋水族館の大水槽前でのパーティー、風待ちでのお汁粉サービス、最終日にはうどんサービスと参加者のハートを魅了したのではないでしょうか。

そして、表彰式での毎年恒例のビック景品のジャンケン大会も盛り上がりました。

老いも若きも、レーサーも運営スタッフも楽しめる大会であったかと思います。

毎年、工夫を重ねておりますので、2019年もお楽しみあれ!です。

レースレポートでしたね、レクレーションレポートになってしまいました。

大会は、4クラス、総勢42艇の参加により、4レース(カット無し)が取り行われました。

モスには弱めの微軽風軽微風でのシリーズとなり、モスの皆さんには少々大変でしたが、優勝者はさすがのメンバーでした。

シーホッパークラスは杉山武靖さん、SRクラスは小林紫帆さん(ラジアル)、モスクラスは後藤浩紀さん、OPは高橋果乃子さん、海をこよなく愛する方々でした。

シフティーななか、コツコツとブローを拾いながら、そして大きなシフトを把握しながらのレースの組み立ては、皆のお手本となったでしょう。

小さな海面なのでその様な熟練者のセーリングを近くで見れるのも本大会の魅力ですね。

優勝された4名の方、そしてマスターズ優勝の浅井一省さん(シーホッパークラス)、渕上渡さん(SRクラス)もおめでとうございます。

また来年、お待ちしていますのでお仲間とともにご参加願います!

written by 三保フリートキャプテン:金田裕孝

ライフジャケットの着用義務化拡大

ライフジャケット着用義務化国土交通省は関係法令を改正し、平成30年2月からすべての小型船舶の乗船者にライフジャケットの着用を義務化します。着用するライフジャケットは国の型式認定品(桜マーク品)に限りますが、私たちディンギーセイラーには以下の適用除外があります。

  • ディンギーは法律で言う小型船舶に当たらないから型式認定品のライフジャケットを着用する必要がない。
  • 従来通りJSAFが定める浮力があるライフジャケットの着用義務は帆走指示書による。

更にJSAFの働きかけで次のような内容も盛り込まれました。

  • JSAF加盟団体が主催するレースでは、運営艇(小型船舶)の乗船者も型式認定品のライフジャケットを着用しなくてもよい。従来通りJSAF規定の浮力があるライフジャケット着用でOK。

国土交通省ホームページ

追伸
上記画像をクリックすると確認できますが、モデルの方が着用しているライフジャケットの右側にボンベ以外にも何かが入っているように見えますが、何でしょうかね?コメントはこちらへ。

2018年度会員登録の受付開始

会員登録申込書来年度の全日本は高知県香南市で4月末に開催される龍馬カップの中で実施します。

例年より早い時期の開催となりますので、会員登録の受付を今月(30年1月)から開始します。1~2月中に会員登録を済ませようとお考えの方の中には登録料(大幅値下げ1,000円または500円)を3月から開始されるJSAF会員登録時にJSAF登録料と合算してカード決済したいという希望があると思います。

そのような場合は、当協会の会員登録だけを先に済ませていただき、登録料の支払いは3月以降のJSAF登録時で結構ですので、早期登録をよろしくお願いします。

登録申込フォーム

1987年HELM誌8-9月号(Vol.4)

今回の「浜名湖フリートはナゼ強い?」でHELMの記事紹介は最後です。記事を要約すると以下の3点になります。

  • 湖でうねりが無く、冬は安定した北西風が吹き1年中練習できる。
  • 各クラブ単位の練習が毎週行われている。
  • 小松一憲氏や高橋幸吉氏と言ったトップレーサーのセーリングに取り組む姿勢が好影響を与えた。

確かに浜名湖はいい環境が揃っていましたね。他にも遠州人の持つ「やらまいか精神」も影響しているかもしれませんね。
※やらまいか=一緒にやろう やろうじゃないか