クラスルール第3章

クラスルール第3章

その補修、又は交換を行うことにより、性能の向上が予測される場合をさし、その 判断は各計測員に任せられる。
形状、寸法、重量に影響を及ぼす補修をさす。
デッキ上又はコクピット内であれば制限はありません。計測図の艤装品取り付け許容範囲とは第3章3.3の記載に対応するものです。カニンガムリード用アイとクリートの間に取り付けることは可能です。
マストの回転をスムースにするために、3mm厚以内のテフロンチップ等を入れることは可。
OKです。クラスルール第3章の以下の記述があてはまります。4.3 ブームについているシングルブロックは,他のシングルブロックに変更しても良い。なお、サイズについて制限はありません。
フランジを削り落とすことは認める。又、パテ等により、整形することも可。但し、その様な整形を行う場合、サイズ及び形状がクラスルールに合致するよう注意する事。
固定(樹脂、接着剤により離れなくしてしまうこと)は認めない。
ジョイントの取りつけは図によらず、その他のタップビスやリベットや接着等による取りつけも可能です。計測図はティラーの長さと形状を図示するものです。
認める。又、ブームにとる際にブームブロックではなく、ブームブロックを取り付けているアイストラップにとる事も可。
可能です。 なお、シングルブロックのみでも可能ですが、シャックルのみではブロックと見なしませんので不可となります。
修理することで性能の向上が予想されなければ、メーカーやクロスの種類が多少異なっても可。又、リペアークロスによる修理も同様の理由で可。