1987年HELM誌8-9月号(Vol.3)

シーホッパーの設計コンセプト今回はシーホッパーの設計コンセプトです。記事は「開発の背景」と「設計目標」に分かれており前者として次の3点です。

  • シーホッパー誕生の昭和48年当時ヤマハは1人乗りで大人向けの艇が未開発
  • 1人で始められることからセーリング愛好者増大に効果有り
  • 当時レーザーが米国で20ヶ月間に4,500隻売れた

次に後者として、次の8点が挙げられています。

  • 軽く可搬性が有り、ローコストで性能の良い艇
  • ルールを厳格にしないよう均一に製造できる設計仕様とする
  • 日本の夏の弱い風を考慮してセールエリアをできるだけ大きくする
  • 復元力を確保するため、最大幅を大きめにする
  • マストはYAMAHA-9で実績のある3本差し込み式を発展させた4本継ぎとする
  • センター、ラダーは耐久性向上と均質化のためFRP製とする(当時は木製が主流)
  • 安全性のため、アンカー、パドルの収納場所を設ける
  • 価格は30万円以下であること

また、普及のためにはしっかりした活動組織が必要との認識から、レースはYSA(YAMAHA SAILING ASSOCIATION)により運営するという内容になっています。

ここからは私見になります。
YSAが設立されて以降、その運営がシーホッパー協会に引き継がれるまでの間、ビルダーの大きなバックアップ(財政的にはもちろんのこと、登録受付などの協会事務をヤマハが担っていた)のもとで協会は運営されていました。

この頃は全日本選手権の前日に支部長会議が開催され、協会役員、ヤマハ社員、ヤマハボート取扱店スタッフが会議に参加し、活動報告・計画、決算、次年度予算等を決めていました。そのような中、YSAが無くなりヤマハが協会運営に振り向ける社員を削減していくと、組織としてのもろさが露呈し、全・東・西日本大会の開催場所さえなかなか決められない状況になりました。

更に国体種目から外れ登録会員も激減した今、シーホッパー関係者には危機感しかないと思います。ですがこの状況を再生のチャンスと捉えて、多くの人に手や口を出していただければ、シーホッパーをレース以外でも楽しめるクラスにして行けると思っています。

そのためには是非選手総会に参加し問題提起をしたり、ホームページにコメントを投稿するなどして当協会に知恵をお貸し下さい。老若男女、春夏秋冬いつでもウェルカムです。

斉藤昌則

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です