aj15 重鎮

高松の藤澤さん(黄色)と三保の岡さん。

「何話し合っていたんですか?」の問いに「もうわすれたー。アルクハイマーやからな」と藤澤さん。2人合わせて145歳。

シーホッパー協会の生き字引

aj14 2日目は1レースで終了

雨、常時ハイクアウトのコンディションで1レースが行われました。レギュラーではトップを走る永井さんを杉山さんが最終レグで逆転するという見応えあるレースでした。

永井艇はフットベルトが切れたそうでハイクアウトが思うように出来なかったようです。

今大会はこれをもって終了。計5レースで1レースをカットできます。台風が夕方から夜にかけて接近しますが今は雨が止み明るくなってきました。

この後昼食をとって13時から表彰式の予定です。

aj13 クラスルール見直し議論

九冨理事長の発案で陸上待機中の空いた時間を利用して行われました。

国体種目から外れ、ユーザーが減少している現状を打開するため、ルール変更に独自性を出して活路を見いだそうという趣旨だと思います。

クリートやブロックの取付位置、非純正品セールの公式レース使用などで意見交換が行われ、今後ホームページ上で議論を継続することになりました。

aj11 懇親会

青年の家食堂で開催された懇親会

抽選会ではおじさん達の希望でケータリング会社の社員さん(特に女性20歳)にクジを引くお手伝いをしていただきました。快く(?)お受けいただき、おじさん達は癒されました。

ログハウスでの二次会では、先週開催されたワールドセーリングin蒲郡の話題になり、運営役員として参加された方々からタメになる話が聞けました。(GPS数値を運営艇間でLineで共有、英語で交信100度はワンゼロゼロなど)