ドイツからの問い合わせ

ニッカポッカ職人

先日、ドイツでシーホッパーに乗っているFrankさんから問い合わせがありました。このホームページは日本語でしか表示されないにもかかわらず、このFrankさんは問い合わせフォームにすべての情報を間違いなく入力していましたので少し驚きました。

問い合わせ内容は、使っているセールがくたびれてきたから、セールを新調したいので注文先を教えて欲しいこと。それとセールの計測値を提供して欲しいということでした。当協会よりもビルダーに対応してもらうべき内容と判断し、この件はヤマハの前田さんにお任せしました。

最終的にFrankさんは提供された計測値をもとに地元セールメーカーに製造を依頼することにしたようです。前田さんによりますと40年程前シーホッパーをライセンス生産していたオランダのアマグラス社が製造した艇(マーク1)であろうということでした。

Frankさんがセールを新調してまで乗り続けようとしたシーホッパーを空想してみましたが、そこで思い浮かんだのは40年経っても乗れる艇を製造したアマグラス社の職人さんの顔(シワシワ顔にあごひげ)でした。
何年か前、三ヶ日青年の家での全日本で優勝した杉山さんが「シーホッパーは乗りやすくて丈夫な船だ。」と言っていたことを思い出しました。シーホッパーはビルダーは違っても丈夫に出来上がる船なのかもしれません。

岡山 鷲羽SCの魔改造

鷲羽SC松香さんからいただいたメールの一部転載です↓
 本当に初回(2020.1.4)の帆走だったので、変なヘルムが出ないか?、風をはらんだ瞬間にマストが折れないか?、穴をあけたところからセールがビリビリ破れはしないか?、何十年も駐車場に転がって緑の苔まみれだった船体は大丈夫なのか?というより、そもそも浮くのか??というレベルの心配をしていたため、無事に走り出した瞬間に歓喜の声を発してしまいました。

我らのメカニック達は、次はトラピーズを付ける悪だくみを構想中らしいです。

恭賀新年

新年あけましておめでとうございます。

今月18、19日は三保ミッドウィンターが開催されます。只今エントリー受付中です。
2019全日本で公表された2枚帆のシーホッパーも見てみたいですね。 浜名湖フリートからの情報をお待ちしています。

AJ番外 鶏卵カレーうどん

宣言どおり食べてきました。

私的には特筆すべきはうどんにあると感じました。店内の掲示では、国産小麦の「ななかまど」を使用しているそうで、噛みごたえがあるコシの強さを主張してくるうどんでした。