シーホッパー全日本オープンレースレポート

日程: 10月17(土) 18(日)
会場: 静岡県浜松市 浜名湖 三ケ日青年の家
参加艇数: シーホッパーSTDクラス 13隻  SRクラス 4艇

 当初シーホッパー全日本選手権は三重県津ヨットハーバーで開催予定だったが、コロナの影響で三重プレ国体が中止になったことにともない三重県での開催は断念し、今年は浜名湖開催、さらに参加者の人数も読めない為JSAF公認の全日本選手権とはせず、全日本オープン選手権と名称を変え開催しました。

・17日 レース初日 朝から小雨、西寄りの風1-3m
 大会初の試みとして、第1レースは浜名湖唯一の島、つぶて島回航ロングレースを実施
 島周りは予想外に楽しかったらしく来年もやって欲しいと言われました。
 ちなみに九冨理事長はつぶて島へオンザロックしてしまった・・。
 初のつぶて島廻航レーストップは昨年の覇者金田選手
 本日の第2レースはトライアングルコースを設定し、何とか2レース成立しました。

・18日 雨は上がったけど相変わらずの微風 西寄りの風1-3m
 今年の浜名湖は本当に吹かない。
 風待ちをしてなんとか1レース成立
 STDクラス優勝は2-1-1とまとめた杉山武靖選手
 SRクラス優勝は1-1-1と断トツの松永至央選手
 いずれのクラスもマスターズ以上の年齢の人が大半で、若手の掘り起こしを
 あらためて考えていきたいと思います。
 来年の全日本は5月29,30日、浜名湖開催を第1案として検討しています。
 皆さん楽しいつぶて島廻航レースへ是非来てください!

シーホッパー協会事務局 弥久保金恵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です