三保ミッドウインター2021 レポート

日時:2021年1月16,17日
会場:静岡市清水区 三保真崎海岸
報告:本部事務局 弥久保

コロナ禍のなか開催が危ぶまれましたが、三保フリートの皆さんが万全なコロナ対策を実施し、シングルハンドクラス17隻、OPクラス3隻、モスクラス5隻の計25隻で無事開催されました。
16日は西寄りの風5-8mオーバー! 細かい振れとブローが突然やってくるので選手には風速以上の圧力が加わるようで第1レースの1マーク付近は一時沈艇が続出
しかし2レース目以降は選手も海面に慣れ、冬の三保の海を堪能した!?
1レース所要時間20分余りのレースをこの日だけで5レース実施!
トップ争いはレーザーSTD斎藤匠選手と地元三保Fのシーホッパー山本浩資選手の争い
4レース目まで僅差でトップフィニッシュを譲っていたが、最終5レース目見事トップフィニッシュを飾った山本選手の走りは印象に残りました。

夜の恒例水族館大水槽前のレセプションは中止し、それぞれ宿へ。
浜名湖Fの望月、齋藤さん二人は艇庫横駐車場でオートキャンプ(車の中で寝る)
案外寒くなかったとのこと。
最終17日は地元セーラーの予想に反して朝から北寄りのよい風が吹いている
最後の1レース、風速6-8mのなかMRクラスで出場している三保F70うん歳の浅井さん、強豪を従え1マークを回航する姿は力強いものがありました!
60歳以上の選手は積極的にMRセールでも練習しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です