2021全日本in三ヶ日レポート

第46回シーホッパー全日本・第30回シーホッパーSR全日本選手権大会開催

日程: 10月30日、31日
会場: 静岡県立三ケ日青年の家、浜名湖
報告: シーホッパー協会事務局 弥久保

今年5月開催予定だったがコロナ感染状況により10月に延期しての開催
エントリーはシーホッパーSTDクラス13隻、SRクラス5隻の計18隻
少し寂しい数だがニューフェイスの参加もあり、コロナ禍を乗り越えヨットレースが出来ることに感謝してスタート!

30日第1レース風向240~200度、風速2-3m、途中風向が変わりマークを打ち変えるコンデションの中、トップは材木座Fの関口悠、2位三保F水野本(みずのかなめ)、3位浜名湖F石塚恒志。SRクラスはトップ浜名湖F松永至央、2位浜名湖F石黒剛、3位ヤマハヨットスクール琵琶湖北林利弘。
第2レース以降も風向、風速とも小刻みに変化する難しい天候だったが、計4レース実施
初日を終えてSTDクラストップは前回の覇者三保Fの金田裕孝、SRクラスはオールトップの松永至央。
明けて31日はいよいよ名物のつぶて島廻航レース!
つぶて島レースは今年からエントリー数の50%以内にフィニッシュした艇にボーナス点-0.25が与えられるので、取りこぼしが出来ない。
豪快な北西の風を期待したかったけど、昨年と同じく雨模様、北寄りの風2-3mの中スタート。つぶて島へ向かうコースは最短距離の陸寄りを通るか、陸のブランケットを避け沖を通るか、その日の天候で有利不利が微妙に変わるので、そこが勝負の分かれ目?
つぶて島トップ廻航は関口悠、しかし廻航を終えほっとしたのか、島のブランケットにつかまりその間に三保Fの杉山武靖に抜かれそのまま2位フィニッシュ。
初日までトップの金田裕孝はまさかの9位フィニッシュ、この結果1から3位まで0.25ポイント差。
最終第6レースの結果までわからない状況。
長い風待ちの後東寄りの風やはり2-3mのなか最終レーススタート
優勝を争う水野、関口が1,2位と廻航を重ね、トップフィニッシュしたほうが優勝というしびれる展開のなか、最終マークを水野がトプ廻航、2位関口をセオリー通り抑えタックでカバーし、涙のトップフィニッシュ! 水野本念願の初優勝!!  SRクラスは松永至央が優勝!。

表彰式のあとは毎回協賛してもらっている、蜂須賀強さんの浜松で一番美味しいウナギ屋さん“あおいや”のウナギかば焼きセット争奪じゃんけん大会で幕を閉めました。
来年の開催地は10月29,30日、江ノ島ヨットハーバーで予定しています。
その前に、2022年1月15,16日 三保ミッドウインターレースで会いましょう。

アルバムもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です