2021全日本優勝者レポート

STD優勝:三保 水野 本

この度はコロナ禍で大変な状況の中、場所を提供頂いた静岡県立三ヶ日青年の家様、大会にご尽力頂いたシーホッパー協会の方々、運営して頂いた静岡県連の方々、また遠くから参加頂いた選手の方々、皆様のおかげで全日本シーホッパー選手権が無事開催できたこと感謝申し上げます。

今回、初優勝出来たこと、本当に感無量です。

今まで優勝まであと少しのところでミスしたりと、プレッシャーに弱く、今回もそのような場面が出てしまいましたが、最終レースでは自分の力で優勝を勝ち取ることができました。

初日の結果で三保のK田氏が5点差で飛び出てたので、正直逆転は難しい状況でした。ただそれがひっくり返ってしまうのがヨットレースであり、最後まで諦めてはいけないなとつくづく感じた2日間となりました。

特に印象に残っている第2レースと最終レースをメインに振り返ります。
初日第2レースでは、最終レグまでダントツでトップを走ってたのに、後続艇をカバーするのにルーズになってしまい、ブローを拾っていったK田氏にトップフィニッシュを譲ってしまいました…
本当に情けないなぁと凹んでいる中、本部船に乗ってた妻や娘には呆れられてました…笑
その夜、運営陣にも追い討ちをかけるようにボロクソに言われまくり、ヨットはそろそろ辞めたほうがいいのかなと本気で考えて初日を終えました…

ただ2日目のつぶて島回航レースでは上位でフィニッシュでき、またK田氏は逆に大きく崩してしまうこととなり、残す最終レースという場面で上位陣が僅差で誰が勝ってもおかしくない状況に。ここまできたら後悔しないレースをしようと決意し臨みました。スタートはトップスピードで出れるところ、自分の決めたコース、先頭艇を抜かすポイントを探りつつ、トップになったらセオリー通りにカバーする。自分の中で必死に言い聞かせて、今回最初で最後のトップホーンを鳴らすことができました!!
フィニッシュ直後は本当にやり切った感で、本部船にポーズも出来ず、後ろ姿しか撮ってもらえませんでした…ちゃんと撮ってもらえば良かったと唯一後悔してます笑

ハーバーに戻ったら、妻と娘に出迎えてもらい、本当にホッとした瞬間でした。
こんな優勝者でいいのかなという程、安定感のない僕ですが、諦めなければきっと良いことある!!とこれからも信じて、来年は江ノ島で2連覇目指します!!

シーホッパー全日本は約15年かけて挑戦してきました。そしてこのシーホッパーのタイトルだけはどうしても欲しかったんです!!妻の水野三喜がシーホッパー級SRで第27回に優勝、そして妻のお父さんである言わずと知れた渡辺克己さんがシーホッパー級で第4回と第5回で2連覇しています。優勝出来た事をいち早く報告がしたくてその日に妻の実家へ向かい、優勝カップを披露して、大変喜ぶ姿を見ることができ、これで本当に旦那として認められたかなと思った瞬間でしたwww

高校からヨットを始めて、約24年。FJ、シーホッパー、470、スナイプ、クルーザー、レーザー、49er、テーザーと多くの艇種に乗ってきました。これからもどんどんチャレンジして経験を積んでいきたいです。
特にシーホッパーは子供から年長者まで男女問わず手軽に乗ることができる、日本人向けのヨットです。国体種目からは外れてしまいましたが、もっともっと盛り上げて、シーホッパー人口を戻していきましょう!!
そして、シーホッパーを盛り上げていくと共に、セーリング業界の普及に尽力していく所存であります。

あと最後に、初優勝の洗礼のアレはやめましょう!!!!
僕みたいにカナヅチで本気で溺れそうになる人もいるんです!!
せめてライジャケ着させましょう!!
是非皆さまご検討を!!笑笑

では、次は2022三保ミッドウインターでお会いしましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です